公益財団法人天野スポーツ振興財団 〒721-0974
広島県福山市東深津町四丁目9番20号
TEL:084-932-7588
FAX:084-932-7589

 

>
2021年度写真による支援事業紹介

2021年度写真による支援事業紹介

2021/12/08 福山市小中高ジュニアバドミントン練習会(11/20)

 

11月20日、福山市立福山中高等学校体育館で56人の選手が参加して開催されました。
小中学校の選手たちは単に練習会で終わらずに、普段練習できない他校の選手とつながることができました。
当財団は練習会で使うシャトル購入費用を支援しました。

2021/12/08 全日本ジュニアオープンバドミントンフェスティバル出場(11/13.14)

 

11月13.14日、福島県富岡町で開催された大会に福山市の安藤七音選手、川瀬茉央選手が広島県バドミントン協会の推薦を受けて出場しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/12/07 第5回福山市スポーツ少年団低学年陸上大会(11/7)

 

11月12日、福山通運ローズスタジアムで福山市スポーツ少年団陸上の部に所属する5団体の参加により140名の選手、関係者が参加して開催されました。
今回から会場を変更し、子どもたちは大変喜んでいました。
当財団は大会開催費用の一部支援をしました。
大会結果は⇒こちら

 

2021/12/07 高松宮賜杯第65回全日本軟式野球大会(2部) キャス株式会社クラブ出場(10/23-25)

 

10月23日~25日、熊本県で全国の予選を勝ち抜いた30チームが参加した大会に福山市のキャス株式会社クラブが出場しました。
同チームは準決勝で優勝チームに敗退しベスト4となりました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/12/07 第27回中国四国中学校選抜ソフトテニス大会(10/23.24)

 

10月23日、びんご運動公園テニスコートで中国、四国地方の中学校から82名が参加して開催されました。
当財団は参加賞購入費用を支援しました。

 

2021/12/07 令和3年度中国地区小学生バドミントン大会(10/17)

 

10月17日、島根県出雲市のカミアリーナで開催され、福山市からは広島県の予選を勝ち抜いた9名の選手が出場しました。
6年生以下男子ダブルスで瀬尾隆文・大平昊輝組が準優勝、4年生以下男子シングルスで大城大獅選手が優勝し、12月26日から福島県で開催される全国大会への出場権を獲得しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/12/03 第9回天野杯争奪中学生軟式野球大会(10/16.17)

 

10月16.17日エブリィ福山市民球場他で16チームが参加して開催されました。
優勝  精華クラブ
準優勝 福山ヤンキース
第3位  松永ヤンキース、福山北部野球団
写真は優勝した精華クラブ 
当財団は参加賞、副賞を提供しました。

2021/12/03 第83回日本商業開発㈱全日本ベテランテニス選手権'21(10/1~9)

 

10月1日~9日、博多の森テニス競技場で開催され、福山市テニス協会所属の4名の選手が出場しました。これは、1年間全国各地で行われる色々な大会に出場し、ポイントを重ね出場することができる大会です。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部支援しました。
写真は男子55歳シングルスの部で準優勝された松石和典選手。
大会結果は⇒こちら

2021/12/03 第10回天野カップ中学生ソフトテニス研修大会(10/16)

 

10月16日、福山市竹ケ端運動公園テニスコートで開催されました。コロナウィルス感染症の関係で棄権するチームもあったが、女子チームのみ試合を行いました。
当財団は参加賞、副賞を提供しました。

2021/11/01 第12回全日本少年春季軟式野球大会(府中オーシャンズ出場 9/18~21)

 

9月18日~21日、静岡県富士市他の野球場で全国の予選を勝ち抜いた54チーム(辞退チームあり)が参加して開催され、府中オーシャンズが広島県代表として参加しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/10/15 第13回全日本少年春季軟式野球大会広島県決勝大会(10/2.3)

 

10月2.3日、エブリィ福山市民球場で県内の予選を勝ち抜いた8チームが出場して開催されました。
当財団は大会開催費用の一部を支援しました。
なお、今大会で優勝した精華クラブ(写真)は来年3月に開催される全国大会に出場することが決定しました。
大会結果は⇒こちら

2021/10/07 日清食品カップ第37回小学生陸上競技交流大会(9/18.19)

 

9月18.19日横浜市の日産スタジアムで各都道府県の予選会で選ばれた選手が出場した大会に福山市スポーツ少年団陸上の部に加盟している竹尋アスリートクラブの3名の選手が参加しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら1 こちら2
6年生女子100mに出場した三好美羽選手(左)が 
予選1位 12"83
A決勝2位 13"00
と素晴らしい記録を残されました。

2021/10/01 第14回福山ローズカップ親善野球大会(7/24.25)

 

7月24.25日、鞆鉄鋼グラウンド他で36チームが参加して開催されました。
当財団は大会開催費用の一部支援と参加賞を提供しました。
大会結果は⇒こちら

 

2021/09/28 第37回若葉カップ(小学生バドミントン大会 7/17~19)

 

7月17日~19日、京都府長岡市の西山公園体育館で全国各都道府県の予選を勝ち抜いたチームが参加して開催された大会に福山市のフェニックス久松台スポーツ少年団の6名の選手が広島県男子代表として出場しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/09/28 2021年度第45回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント(8/26福山大学サッカー部出場)

 

8月26日、全国9ブロックの予選を勝ち抜いたチームが集う大学サッカー界ではもっとも権威ある大会に福山大学サッカー部が中国地区代表として出場しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果 福山大学 1VS 5 山梨学院大学

2021/09/28 DUN LOP 全日本ジュニアテニス選手権'21(8/23~30)

 

8月23日~30日に江坂テニスセンターで各地区の予選を勝ち抜いた選手が参加して開催された大会に福山市の平田早希選手と平田里帆選手が出場しました。
当財団は交通費などの大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/09/09 第38回全日本少年軟式野球大会(府中オーシャンズ出場 8/23~25)

 

8月23~25日に佐賀県立森林公園野球場他で全国各地区の予選を勝ち抜いた16チームが参加して開催された大会に
府中オーシャンズが出場しました。(初出場)
当財団は選手の交通費など大会出場費用の一部支援をしました。
大会結果は⇒こちら

2021/08/23 2021第11回全日本少年軟式野球クラブチーム選抜大会(精華クラブ出場 8/10~13)

 

8月10日~13日、滋賀県の県立彦根球場他において全国各地区から選抜された24チームが参加して開催された大会に福山市の精華クラブが出場しました。
当財団は選手の大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/08/20 リポビタンカップ日本リトルシニア第49回日本選手権大会(福山中央リトルシニア出場 8/1~6)

 

8月1日から6日、東北地方の9球場において全国の予選を勝ち抜いた32チームが参加して開催された大会に福山市の
福山中央リトルシニアが出場しました。
当財団は選手の大会出場費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/08/06 第20回水難から子どもたちの命を守る着衣泳の体験教室(7/18)

 

7月18日に蔵王スイミングスクールで34名が参加して開催されました。
川や海に落ちた時にあわてずあお向けで呼吸を確保して救助を待つこと、日用品などを使ってより浮力を確保し両手を使える状態にして少しずつ移動する方法を覚えることなどを学習しました。
当財団は体験教室開催費用の一部支援と参加者に支援品を提供しました。
 

2021/08/03 第15回福山市スポーツ少年団陸上競技交歓大会(7/25)

 

7月25日、福山通運ローズスタジアム(竹ケ端運動公園陸上競技場)において福山市スポーツ少年団陸上の部に所属する6団(選手、役員約230名)の参加により開催されました。
久々の大会で子どもたちもとても嬉しそうでした。
当財団は大会開催費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら

2021/06/24 安全登研修会(6/20)

 

6月20日、福山山岳会主催で登山活動を法律の視点から考え、登山者グループ内での責任の範囲、立場による違いを理解することで、グループ内での協調性を高め、山岳事故の未然防止につなげること、などを弁護士の溝手氏を講師に招き、オンラインによる研修会をリモート開催しました。
オンラインにより遠隔地からの受講もでき、盛会のうちに終えました。
当財団は研修会開催費用の一部(テキスト購入代)を支援しました。

2021/05/13 第20回誠カップ小学生バレーボール大会(5/3~5)

 

5月3日~5日、尾道市の備後運動公園で広島県内の男子、女子、混合の総勢18チームを招き、予選リーグ、決勝リーグを行い、順位を決定しました。
決勝リーグは各グループの1位が激突し迫力あるゲームを展開しました。優勝は緑井。
当財団は参加全チームに参加賞を提供するとともに大会開催費用の一部を支援しました。
大会結果は⇒こちら